安価に使えるメリットがある賃貸オフィス!

ウーマン

マンションタイプにしよう

事務所

消費税が課税されない

これから起業する方や起業直後の方、経費を抑えたい方は、マンションタイプの賃貸オフィスをおすすめします。賃貸オフィスを借りる際には、多くの方が一般的なオフィスビルから選択されています。しかし、住居用のマンションの中には、賃貸オフィスとして利用できるマンションもあります。オフィスビルと比較し、賃料も諸費用も大きく抑えることができるメリットを持っています。マンションタイプの賃貸オフィスのメリットの1つ目が、消費税が課されないことです。住居用の賃料には、消費税は課されません。賃貸オフィスとして利用できるマンションは、多くはSOHOに分類されます。住宅としても利用できることになるため、消費税が支払う必要がありません。

原状回復費用が安い

マンションタイプの2つ目のメリットが、原状回復費用を抑えることができます。一般的なオフィスビルを退去する際には、スケルトン状態に戻す必要があります。内装工事により設置した床も壁も天井も撤去する必要があり、多額の原状回復費用が発生します。それに対し、マンションタイプでは、住居用のマンションと同じ退去費用しかかかりません。きれいに使用していれば、クリーニング費用や鍵交換代程度しか発生しないのです。原状回復費用を大きく抑えられるのは、非常に嬉しいポイントです。3つ目のメリットが、解約予告期間が短いことです。一般的なオフィスビルは、最低でも6ヶ月前に解約予告をしなければなりません。機動的に事務所を変更することができないほか、無駄に賃料を払うことになってしまいます。マンションタイプであれば2〜3ヶ月ほどが一般的な解約予告期間として設定されているため、機動的に事務所を変更することができます。

Copyright© 2016 安価に使えるメリットがある賃貸オフィス! All Rights Reserved.